Cardano KB
Search…
手作業でファイルを書き換えた時
オペレーション上ファイルを編集することがありますが、ミスを減らすためのご紹介になります。
ノードはLinuxなのに対して、作業端末にWindowsを使用しているため改行コードが混ざる事があります。

dos2unix

dos2unixはLinux環境の改行コードへ変換します。別途、sudo apt install dos2unixでインストールが必要です。以下、出力例になります。
1
$ cat -v node_exporter.yml
2
- targets:^M
3
- '<BPNode_IP>:9100'^M
4
labels:^M
5
alias: core^M
6
^M
7
- targets:^M
8
- '<RelayNode_IP>:9100'^M
9
labels:^M
10
alias: relay1^M
11
^M
12
- targets:^M
13
- 'localhost:9100'^M
14
labels:^M
15
alias: relay2^M
16
17
$ dos2unix node_exporter.yml
18
19
$ cat -v node_exporter.yml
20
- targets:
21
- '<BPNode_IP>:9100'
22
labels:
23
alias: core
24
25
- targets:
26
- '<RelayNode_IP>:9100'
27
labels:
28
alias: relay1
29
30
- targets:
31
- 'localhost:9100'
32
labels:
33
alias: relay2
Copied!

Json Validator

mainnet-topology.jsonなどコンフィグファイルはjson形式になっています。編集をした時、フォーマットが間違っているとエラーになります。https://jsonlint.com/ などのサイトではフォーマットのチェックをかける事ができます。* 秘密鍵をペーストすることなどは厳禁でお願いします。

sdiff

ファイルを書き換えた時や、新旧バージョンのファイルでどこに変更があったかを比較する事ができます。
1
$ sdiff params.json cardano-node/protocol.json
2
3
{ {
4
"poolDeposit": 500000000, "poolDeposit": 500000000,
5
"protocolVersion": { "protocolVersion": {
6
"minor": 0, "minor": 0,
7
"major": 3 | "major": 2
8
}, },
9
"minUTxOValue": 1000000, "minUTxOValue": 1000000,
10
"decentralisationParam": 0.3, | "decentralisationParam": 1,
11
"maxTxSize": 16384, "maxTxSize": 16384,
12
"minPoolCost": 340000000, "minPoolCost": 340000000,
13
"minFeeA": 44, "minFeeA": 44,
14
"maxBlockBodySize": 65536, "maxBlockBodySize": 65536,
15
"minFeeB": 155381, "minFeeB": 155381,
16
"eMax": 18, "eMax": 18,
17
"extraEntropy": { "extraEntropy": {
18
"tag": "NeutralNonce" "tag": "NeutralNonce"
19
}, },
20
"maxBlockHeaderSize": 1100, "maxBlockHeaderSize": 1100,
21
"keyDeposit": 2000000, "keyDeposit": 2000000,
22
"nOpt": 500, | "nOpt": 150,
23
"rho": 3.0e-3, "rho": 3.0e-3,
24
"tau": 0.2, "tau": 0.2,
25
"a0": 0.3 "a0": 0.3
26
} }
Copied!
Copy link
Contents