Cardano KB
Search…
Cardano Node 1.26.1
Cardano Node 1.26.1に関するリリース情報でSPO作業で関係しそうな部分になります。
Cardano Node 1.26.1 はAlonzo期への準備、パフォーマンスの向上に対応しています。 トランザクション(IN)を減らすことでRelay NodeのCPU負荷軽減に対応します。 アップデート後、DBのマイグレーションが自動実行されます。(10〜20分、CPUにより60分) KESのメトリックが期限切れになってもトレースできるようになるため、検知が可能になります。 メモリ消費に関するレポートを事実に即したものにします。Use RTS --disable-delayed-os-memory-return by default for the node #249 報酬計算を徐々に実行することでCPU負荷を分散化します。 Cardano-cli Maryが既定になります。eraを指定する必要はなくなり、現在のeraが既定で使用されます。 cardano-cli query tipの出力結果のフィールド名変更(スクリプト、手順書などは改修が必要) "blockNo" >> "block" "slotNo" >> "slot" "headerHash" >> "hash" cardano-cli query ledger-state--out-fileオプションはバイナリファイルを出力するようになります。(以前はjsonファイル) GHC 8.6.5はサポート外になります。
Copy link